スポンサードリンク

クリームのように搾り出して描く楽しみ

siboridasi300.jpg
ジェッソとボンド、モデリングペーストを混合して、
下記の要領で、搾り出して描いています。

透き通った美しい線が出せます。
地の質感がザラザラとしていて、
そこにツルリとした質感の線が、
引かれているのが印象的です。


siboridasi2.jpg
トレーシングペーパーなどで円錐型の搾り出し袋を作り、
絵の具とメディウムを混合して詰めると便利です。
お菓子のクリーム絞りのコルネと同じ要領です。

トレーシングペーパーの円錐型の搾り出し袋は、
トレペを巻いてテープで止めて、
先っぽを好みの太さに切り落とすだけです。

絵の具のチューブの先に細めのノズルをつけても良いです。


siboridasi3.jpg
搾り出しで複数の色を使う場合は、
その数だけの袋を作っておきます。
下書きも、ある程度しておくと、
緻密な画面も描くことができます。
C)アクリル画の技法百科


shiborismall.jpg
絵の具のチューブの角を切って、
そこから搾り出して描くのも面白い効果があがります。

描く速さによって、細い~太い線が描け
筆とはかなり違うインパクトと面白味があります。

絵の具を搾り出しながら描くのに、
少し慣れが必要ですが、それほど時間はかかりません。

印象をを強めたい静物画や、
質感が重要な抽象画などには、
搾り出しは、たいへん効果があがる描き方です。


スポンサードリンク

アクリル絵の具の筆の種類とじょうずな手入れ方法

hudetati300.jpg

最初は、平筆・丸筆・ライナー筆など、
細い筆から太い筆を7~8本持っていればよいでしょう。
自分の描きたいものが分かってきたら、
そのつど買い足していくのが、経済的であり、楽しみにもなります。

アクリル絵の具には、
天然毛よりナイロンなど安価な筆が向いています。
天然毛の筆は、アクリルのアルカリ性で傷み、使いにくくなります。
安い筆をたくさん持っていたほうが、制作に活躍してくれます。

合成繊維の筆でも、最近は描き味が良く、
天然毛に近い製品ができています。
水彩筆で使えなくなった筆なども、
アクリル画ではじゅうぶん活用できます

アクリル絵具の筆の手入れは、
描いている最中は、固まるのを防ぐため筆を水につけておき、
制作が終わったら、ぬるま湯でよく洗います。

汚れが落ちないようであれば、
石鹸で絵の具を落とします。
リンス効果のある「ブラシリンスクリーナー」が便利です。

アクリル絵の具が乾いてこびりついた筆は、
ブラシエイド」に一定時間つけておくと、
アクリル絵の具をきれいに落とせます。

筆は乾くまで穂を下にして吊るしておくのが理想ですが、
流しで水を切り、
ペンたてのようなものに、穂を上にして乾かしておいても、
ほとんど支障はありません、だいじょうぶです。


スポンサードリンク
point

yubin.jpg 管理人にメール
最近の記事
スポンサードリンク
カテゴリー
検索フォーム
リンク
RSSフィード
free