スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

特有の仕上がり感、スパッタリング(Sputtering)の方法

SpatterC.jpg
スパッタリング、歯ブラシに絵の具をつけ、ブラシを下に向けたまま、
親指でブラシの部分をしごく


SpatterB.jpg
スパッタリングした上から紙を押し当てると飛沫が広がる


gasennsi.jpg
画仙紙などにスパッタリングして、水滴をたらすと文様ができる


1110862108.jpg
スパッタリングの作例  


スパッタリング(Sputtering)とは、
筆、歯ブラシ、スパッタリングブラシなどを使って、
作品の画面に絵の具を弾き飛ばしたり、
吹きつけたりする方法です。

スパッタリングは、特有のテクスチャーを作るのに、
たいへん便利な技法で、水彩、アクリル、油彩、
トールペイントなどに多く用いられます。

風景画の崖、波、砂部分に用いたり、
草や花が群生する部分を描いたり、
建築物であれば古ぼけた味を出せます。
また、一定のリズムや空気の流れを表現できます。

剛毛の筆や歯ブラシを使えば、
飛沫は強く大きく飛び、
柔らかいもののほうが、
飛沫が弱く小さくなります。

広い画面、作品をスパッタリングする場合は、
園芸用の霧吹きやフィクサチーフ用の噴霧器を、
使うと手早く制作でき便利です。

絵の具を吹き付けたくない場所には、
新聞紙などを敷いたり、
マスキングテープマスキング液で保護しておきます。

段ボール箱を立てて、その中で作業すれば、
家具などに絵の具が飛び散る心配がありません。

スポンサードリンク
point

yubin.jpg 管理人にメール
最近の記事
スポンサードリンク
カテゴリー
検索フォーム
リンク
RSSフィード
free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。