スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

アクリル画の地塗りの方法2 色の地塗り

color groundworkA
アクリルジェッソで下地を塗ったあとに、アクリル絵の具の赤を塗り乾かす


color groundworkB
アクリルジェッソで、塗り残しや引っ掻き傷などをつけつつ再度塗る


color groundworkC
ムラが出たり赤が透ける部分があると、絵に温かみと味わいが出る


地塗り(ground)とは、絵の具などの、
塗料による皮膜のことです。

地塗りの目的と白い地塗りの方法は、下記を参照してださい。
・アクリル画の地塗りの方法1 白の地塗り

アクリル絵の具を薄塗りで描く場合は、
白い下地が効果を発揮します。

しかし、アクリル画の下地には、
イエローオーカー、グレー・ブルーなどの、
中間色を使う
ことが多いです。

それは、白い下地だと画面に置いた色が、
明るく見えすぎ明度が見分けにくいからです。

例えば上の下地ぬりでは、
アクリルジェッソを塗ってから、
赤のアクリル絵の具をランダムに塗っています。

さらにジェッソを塗って、
パレットナイフで引っ掻いたり押し付けてます。
その上にジェッソを不均一に薄く塗り、下地とします。

このような暖色系の下地は、
絵自体に温かみを持たせてくれ、
下地の赤がちらりと見えるのも、
個性的な雰囲気を出してくれます。

また、下地の色をブラウン、グレーなど、
複数の色で塗り分けても、面白い効果が期待できます。

まずは、アクリル画でいろいろな色の地塗りを試してみると、
その効果の違いに驚かれると思います。

また、最初は、偶然的にできた効果も、
回数を重ねるうちに、効果を狙って描くことができるようになります。


スポンサードリンク
point

yubin.jpg 管理人にメール
最近の記事
スポンサードリンク
カテゴリー
検索フォーム
リンク
RSSフィード
free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。