スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

アクリル絵の具の特徴

B.jpg
下地を作り印刷物を転写してみる


アクリル絵の具特徴は、
顔料を合成樹脂で練り合わせた絵の具で、
乾燥がたいへん速く、色の塗り重ねが容易にできることです。

ですから、絵のイメージを一瞬にして変えることも容易です。 

アクリル絵の具は、水溶性ですが、水彩絵の具と違い、
一度乾くと耐水性になり、水を加えても再び溶けることがありません。

アクリル絵の具には、透明色と不透明色(アクリルガッシュ)があり、
水彩絵の具のように絵の具の透明感を活かして描くことも、
油絵のように厚くタッチを重ねて描くこともできるのです。

さらにアクリル絵の具特徴は、
乾きが早いので、色の重ね塗りがしやすく制作がはかどることです。
グレーズ技法なども、やりやすい画材です。

しかし、油絵のプリマ描きのように画面上での、
絵の具の混合を利用した技法には向いていません。
乾燥を遅らせたい場合にはリターダを使うと便利です。

アクリル絵の具は、付着する力が強いので、
紙やキャンバスはもちろん、板、石、コンクリート、ガラス、革、布などに塗ることができます。
ですので、絵画、彫刻、壁画、工芸、トールペイントなどにも活用されます。


A.jpg
砂、コーヒーカス、米粒などで下地を作っても面白い


アクリル絵の具には、さまざまのメディウムがあります。
メディウムで、盛り上げ、艶出し、艶消し、コラージュなどをしたり、
ひびを入れたり画面をざらざらにするなど、いろいろな表現が可能です。

PR トピックスニュース7:芸能エンタメ・スポーツ・ニュースなどをピックアップ!
スポンサードリンク

白い絵の具の種類と使い方|特徴を活かして描こう!

sakurei white
半不透明の白い絵の具、ジンクホワイトで上塗りして、下の色を見せる


■ジンクホワイト

顔料は、油絵の具では亜鉛がもちいられていました。
青味がかった白で、明度が高く堅牢な色です。

どのような色との混色も可能できれいに混ざります。
絵具の透明性は、半不透明色で、
下の色が透けて見える白なので、
色を重ねて行く効果をねらうのにたいへん便利です。

しかし、下の色が透けるといっても、
半透明色の絵の具ですから、
下の色がかすかに浮かび上がる感じです。
下の色が淡いと繊細な色は隠れてしまいます。

後から塗った絵の具に、
亀裂や剥離が起こることもあるため、
地塗りや下描きにはあまり向いていません。


■チタニウムホワイト

顔料は、油絵の具では、酸化チタン。
白色度がとても高い不透明色です。
修正などのときのカバー力は、たいへん強いです。

混色では白っぽくなり過ぎることがあります。
混色制限は、とくにありません。

しかし、不透明で強い白なので、
ほかの白色絵の具のように使うと、
発色を抑えすぎてしまうことがあります。


1000.jpg
モデリングペーストにホワイトを混ぜても面白い効果が得られる


■パールホワイト

真珠光沢色の堅牢な絵の具です。
見る角度や光線の具合、
下地によって発色が異なるパール色です。
透明度の高い発色が魅力です。


■ジェッソ

下地用に使われるジェッソは、
チタニウムホワイトに似た、
カバー力が強い塗料だと思います。
広い画面を塗るときなどは、絵の具だと高くつきますが、
ジェッソ白い絵の具として、使っても良いでしょう。


以上、いずれも白色ですが、その特徴を活かして描くと、
絵の透明感、重厚さなどの効果が期待できます。
スポンサードリンク
point

yubin.jpg 管理人にメール
最近の記事
スポンサードリンク
カテゴリー
検索フォーム
リンク
RSSフィード
free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。