スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

白い絵の具の種類と使い方|特徴を活かして描こう!

sakurei white
半不透明の白い絵の具、ジンクホワイトで上塗りして、下の色を見せる


■ジンクホワイト

顔料は、油絵の具では亜鉛がもちいられていました。
青味がかった白で、明度が高く堅牢な色です。

どのような色との混色も可能できれいに混ざります。
絵具の透明性は、半不透明色で、
下の色が透けて見える白なので、
色を重ねて行く効果をねらうのにたいへん便利です。

しかし、下の色が透けるといっても、
半透明色の絵の具ですから、
下の色がかすかに浮かび上がる感じです。
下の色が淡いと繊細な色は隠れてしまいます。

後から塗った絵の具に、
亀裂や剥離が起こることもあるため、
地塗りや下描きにはあまり向いていません。


■チタニウムホワイト

顔料は、油絵の具では、酸化チタン。
白色度がとても高い不透明色です。
修正などのときのカバー力は、たいへん強いです。

混色では白っぽくなり過ぎることがあります。
混色制限は、とくにありません。

しかし、不透明で強い白なので、
ほかの白色絵の具のように使うと、
発色を抑えすぎてしまうことがあります。


1000.jpg
モデリングペーストにホワイトを混ぜても面白い効果が得られる


■パールホワイト

真珠光沢色の堅牢な絵の具です。
見る角度や光線の具合、
下地によって発色が異なるパール色です。
透明度の高い発色が魅力です。


■ジェッソ

下地用に使われるジェッソは、
チタニウムホワイトに似た、
カバー力が強い塗料だと思います。
広い画面を塗るときなどは、絵の具だと高くつきますが、
ジェッソ白い絵の具として、使っても良いでしょう。


以上、いずれも白色ですが、その特徴を活かして描くと、
絵の透明感、重厚さなどの効果が期待できます。
スポンサードリンク

アクリル画を傷めず退色させずに保存する方法

hozonxxx.jpg



■アクリル板やガラス板つきの額縁の保存方法

アクリル画は、マットをつけて額に入れた状態で、保存・展示するのが理想です。
額のアクリル板やガラス板とは、必ず空間を空けて入れましょう。
とくにアクリル板が絵に密着すると、固着して剥がれなくなってしまいます。
アクリル画やアクリル板がゆがんで、くっつかないよう空間を空けます。


■アクリル板やガラス板無しの額縁の保存方法

ガラスやアクリル板を使わない額を用いる場合は、
空気中の汚れから画面を保護し、汚れたら洗浄できるよう、
グロスバニスなどの画面保護のニスを施しておくと安心です。


■そのほか保存方法の注意点

アクリル画を額装しない場合、保存の大きな問題は、光線と湿気です。
色が褪せたり(褪色)やカビが生える原因となります。
制作過程でも清潔なメディウム、素材を用いるよう心がけます。

アクリル画の作品を複数保管する場合は、じゅうぶんに乾かし、
少しずつ隙間を空けて重ねるか、立てて乾燥した場所に保管します。
除湿剤を用いても効果があります。

アクリル画は、完全に乾いていても、画面と画面を重ねると、
固着し剥がれなくなることがあります。

画面にホコリがついた場合は、羽根ぼうきなどで、
軽く払う程度にします。
濡れた布や溶剤は、画面を傷つけることがありますので注意して使います。
スポンサードリンク
point

yubin.jpg 管理人にメール
最近の記事
スポンサードリンク
カテゴリー
検索フォーム
リンク
RSSフィード
free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。