スポンサードリンク

アクリル絵の具の筆の種類とじょうずな手入れ方法

hudetati300.jpg

最初は、平筆・丸筆・ライナー筆など、
細い筆から太い筆を7~8本持っていればよいでしょう。
自分の描きたいものが分かってきたら、
そのつど買い足していくのが、経済的であり、楽しみにもなります。

アクリル絵の具には、
天然毛よりナイロンなど安価な筆が向いています。
天然毛の筆は、アクリルのアルカリ性で傷み、使いにくくなります。
安い筆をたくさん持っていたほうが、制作に活躍してくれます。

合成繊維の筆でも、最近は描き味が良く、
天然毛に近い製品ができています。
水彩筆で使えなくなった筆なども、
アクリル画ではじゅうぶん活用できます

アクリル絵具の筆の手入れは、
描いている最中は、固まるのを防ぐため筆を水につけておき、
制作が終わったら、ぬるま湯でよく洗います。

汚れが落ちないようであれば、
石鹸で絵の具を落とします。
リンス効果のある「ブラシリンスクリーナー」が便利です。

アクリル絵の具が乾いてこびりついた筆は、
ブラシエイド」に一定時間つけておくと、
アクリル絵の具をきれいに落とせます。

筆は乾くまで穂を下にして吊るしておくのが理想ですが、
流しで水を切り、
ペンたてのようなものに、穂を上にして乾かしておいても、
ほとんど支障はありません、だいじょうぶです。


スポンサードリンク

アクリル画の道具・画材 2 メディウム、筆、パレットなど

gazai400.jpg

アクリル画技法の基礎となる下地を作るのに便利な道具を、ご紹介します。
基本的な道具は、アクリル画の道具をご覧ください。

・ローラー、刷毛、ゴムのへら  
大きな画面を塗るのにたいへん便利です。特有の質感も出せます。
画材屋で買うより大工道具屋で購入するほうが安価です。
ただし若干抜け毛が気になるかもしれません。

100均のスポンジのローラーも、けっこう役立ちます。

・スポンジ(化粧用、台所用)、海綿、布 
食器洗いのスポンジでも網目がついたりしているのも便利です。
質感を出したり、絵の具を平面的に伸ばしたり拭き取ります。
折り目のでこぼこがある布は、思わぬ効果を生み出すので、試してみてください。

・目打ち、割り箸、フォーク 
それぞれ独特の模様や引っかき傷をつけられます。カッターや足筆もあると便利。
筆のように自由に使うと面白いです。

・胡粉、コーヒーかす、サンド 
下地作りに重宝します。いずれも清潔なものを使ってください。
公園や川原の砂だと黴がはえたりします。
粗い場合は、100円ショップの小さなすり鉢ですると、細かく扱いやすいです。

・ジェッソ、モデリングペースト 
ジェッソは、白色地塗り材です。
キメの細かいものから粗いものまで、4タイプあります。
標準タイプで仕上がりの感じを確かめると良いと思います。

モデリングペーストは、現在4タイプ出ています。
盛り上げ地塗り材、高密度、軽量、砂目の4タイプです。
きめ細かい~砂目の平滑な表面になり、上に塗るアクリル絵具の発色を良くします。
アクリル絵具と混ぜることもでき、深みのある色の盛り上げができます。
これを彫刻刀やカッターで削ったりできます。

・メディウム類
多くの種類があり、盛り上げる、艶を出す、艶を消す、コラージュなどしたり、
ひびを入れる、画面をざらざらにするなど、いろいろな表現ができます。

・筆、パレットナイフ 
平筆・丸筆・ライナー筆。アクリル絵具にはナイロンなど安価な筆が向いています。
薄く塗る作風でないのなら、磨耗が激しいので、高い筆を買う必要はないでしょう。
普通の筆でたくさんの種類を使うのが良いです。

・ペーパーパレット、パレット
プラスティックの板でもOKです。
その板に絵の具がこびりついたものに、描き加えて作品にするのも、楽しいです。
紙パレットは、描くたび一枚一枚使え、たいへん便利です。
絵の具が多く残ったときは、ラップやビニール袋で包んでおくと、
乾燥しにくくなります。

アクリル画材の通信販売では、画材ショップ カワチさんが品数豊富、値段も良心的なので、愛用しています。


スポンサードリンク
point

yubin.jpg 管理人にメール
最近の記事
スポンサードリンク
カテゴリー
検索フォーム
リンク
RSSフィード
free