スポンサードリンク

あらゆる素材を活用してコラージュ(collage)できる

Collage2.jpg
マイク・バーナード作 コラージュ、パステル、アクリル絵の具
C)アクリル画の技法百科


Collage4.jpg
コラージュに、ひと手間かけたリプリント(参照)


Collage3.jpg
コラージュを地肌に馴染ませても面白い効果が


コラージュ(collage)は現代絵画のひとつの技法で、
フランス語の糊で付ける(coller)という言葉に由来しています。

通常の描画法によってではなく、
あらゆる素材、好みのもの、
(色紙、布、新聞の切り抜き、写真、壁紙など)を、
組み合わせる抽象的技法を指します。

絵画のコラージュは、キュビスム時代が盛んで、
パブロ・ピカソ、ジョルジュ・ブラックらが、
スタートしたパピエ・コレが起源と言われています。
マックス・エルンストの作品にも多く見られます。

アクリル絵の具は、コラージュに適した画材です。
アクリル絵の具もメディウムも粘着力があり、
重さのあるものでも画面に接着できます。

雑誌や色紙、布だけでなく、
貝殻、ビーズ、鍵のような金属、
宝石、アクセサリーや時計なども、
接着することができます。

メディウムで接着し、
その上に無色のメディウムを塗れば、
接着力も増し画面の保護にもなります。

画面全体をコラージュにしても、
一部分をコラージュにしても、
面白い効果が出ます。

単純にも複雑にも、
写実的にも抽象的にも用いられるのが、
コラージュの魅力です。

コラージュをする場合は、
支持体がしっかりしていることが大切です。
曲がったり反りがでない、
キャンバス合板を使うのが良いでしょう。

スポンサードリンク
point

yubin.jpg 管理人にメール
最近の記事
スポンサードリンク
カテゴリー
検索フォーム
リンク
RSSフィード
free