FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

アクリル絵の具の特徴

B.jpg
下地を作り印刷物を転写してみる


アクリル絵の具特徴は、
顔料を合成樹脂で練り合わせた絵の具で、
乾燥がたいへん速く、色の塗り重ねが容易にできることです。

ですから、絵のイメージを一瞬にして変えることも容易です。 

アクリル絵の具は、水溶性ですが、水彩絵の具と違い、
一度乾くと耐水性になり、水を加えても再び溶けることがありません。

アクリル絵の具には、透明色と不透明色(アクリルガッシュ)があり、
水彩絵の具のように絵の具の透明感を活かして描くことも、
油絵のように厚くタッチを重ねて描くこともできるのです。

さらにアクリル絵の具特徴は、
乾きが早いので、色の重ね塗りがしやすく制作がはかどることです。
グレーズ技法なども、やりやすい画材です。

しかし、油絵のプリマ描きのように画面上での、
絵の具の混合を利用した技法には向いていません。
乾燥を遅らせたい場合にはリターダを使うと便利です。

アクリル絵の具は、付着する力が強いので、
紙やキャンバスはもちろん、板、石、コンクリート、ガラス、革、布などに塗ることができます。
ですので、絵画、彫刻、壁画、工芸、トールペイントなどにも活用されます。


A.jpg
砂、コーヒーカス、米粒などで下地を作っても面白い


アクリル絵の具には、さまざまのメディウムがあります。
メディウムで、盛り上げ、艶出し、艶消し、コラージュなどをしたり、
ひびを入れたり画面をざらざらにするなど、いろいろな表現が可能です。

PR トピックスニュース7:芸能エンタメ・スポーツ・ニュースなどをピックアップ!
スポンサードリンク

下地を露出させるスグラフィート(引っ掻き技法)の方法と効果

sf0.jpg
古めかしい板を表現するのに、まずバーントアンバーを塗る


sfA.jpg
ジンクホワイトにジョーンブリアン、リターダーを混ぜた絵の具で塗ってから、
先を尖らせた割り箸などで、板目の模様を描く


sfB.jpg
拡大画像、この上からさらにドライブラシで汚れた感じを出す


■スグラフィート(引っ掻き技法)の方法

スグラフィート(引っ掻き技法)とは、
塗ってある絵の具を引っ掻いて、
下地の色やキャンバスの白地を露出させる技法です。

油絵で用いられた技法のひとつで、
絵の具は複数色重ねていっても効果的です。

引っ掻いて下の部分をきれいに露出するためには、
絵の具が湿っていなければなりません。

アクリル絵の具の場合、乾きが速いので、
絵の具を厚めに塗るか、
絵の具にリターダー(乾燥遅緩剤)を混ぜておきます。

このスグラフィートは、
部分的な模様や質感を表すのに、
とても便利で効果的な技法です。

引っ掻く道具は、
筆の柄、フォーク、ナイフ、鉛筆、櫛など、
尖っているものであれば何でも利用できます。

線の太さも思うように調節でき、
例えば、下に明るいグリーンを塗り、濃いグリーンで塗ってから、
スグラフィートすると、輝く緑の表現ができます。

絵の具に方解石や石炭などを混ぜた、
重厚な画面を引っ掻いて
色を出すのもインパクトがあります。

スグラフィートを試みるときは、
ボードやキャンバスなど、
しっかりした支持体を用いるようにしましょう。

レンブラントは、筆の柄で女性の髪の毛や、
レース飾りや、自画像の髭などを描いています。

スポンサードリンク
point

yubin.jpg 管理人にメール
最近の記事
スポンサードリンク
カテゴリー
検索フォーム
リンク
RSSフィード
free
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。